アドセンス実践記☆2019.7から外注化を考え始めました

私がPRIDEのマニュアルでアドセンス を始めて1年半で15,000円の報酬を得られるようになり、ここから外注化に向けてFAAPのマニュアルを実践することで、どう報酬が伸びていくのか?を都度、報告していこうと思います。

実際、アドセンスはFAAFとは別の PRIDE という教材でそれ以前から始めていたのですが、 FAAFの マニュアル に添って、アドセンスの記事を書いたのは、おととい2019年7月3日からでした。

今回の記事は、FAAF以前の1年半前のスタート地点から、今までのアクセスのデータと、私がこれまでに、どんな風にブログを書いて報酬が増えていったのかを、簡単に説明してしていきたいと思います。

アドセンス実践1日目のアクセス解析です!

アクセス解析アドセンス楽天
ユニーク7クリック数0回 0回
PV103見積もり報酬額0円 0回

これは、私が別の教材でアドセンスを始めた2017年11月15日のアクセス解析です。

今から1年半前のものです。

その時のアクセスなのですが、103PVもありますよね。

でも実は、これにはワケがあるんですよ。

これは、この日の記事を書いている時に、自分でじゃんじゃんパソコンとか、スマホから記事を何度も見てたからなんですね(笑)

さらには、11月15日にアドセンスをスタートする前にすでに審査用のテキトー記事が26記事くらい入ってたので、そこにアクセスが来ていたようです。

で、反省して、自分のパソコンやスマホからは、アクセスは解析しないように設定しましたよ(^^)

2017年11月15日に投稿した記事数:1記事(高齢者向けの介護保険の記事)

トータル記事数:27記事(審査記事と過去に書いたゴミ記事が26記事)

ちなみにこの記事は、キーワードもターゲットも全然ダメダメだったので、未だにアクセス無しの記事として、ブログの中に収まってます。

アドセンス実践1年7ヶ月目のアクセス解析です。

アクセス解析 アドセンス 楽天
ユニーク 2,149 クリック数 57回11回
PV 3,201 見積もり報酬額 623円0円

3,201pvなんていうと凄そうだけど、私はアクセスの伸びは遅い方なんです。

トータル記事数:359記事(審査記事と過去に書いたゴミ記事が26記事)

基本ごちゃまぜ記事(いろいろなジャンルの記事)なのですが、中でも折り紙記事と高齢者関係の記事が大半を占めます。

では、次にアドセンス実践1日目から1年7ヶ月に渡るアクセスがどう変化していったのかを見てみましょう。

アドセンス実践1年7ヶ月間のアクセスの伸び

上の表は、私がアドセンスブログを始めた2017年11月15日から2019年7月3日までのアクセス解析のグラフです。

みなさんがよく見る、爆発が起こってから、一気にギュイ~ンと上がっていくアフィリエイトの成功曲線とは程遠いけど、一応は、ゆるやか~にアクセスが増えてってます(笑)

途中、何度か小さい爆発が起こりましたが、あるのはロングキーワードの記事ばかりだし、数千超えの大爆発をしてアクセスを稼いだ事が一度もありません。

でも、小爆発は5度ほど経験しましたね(笑)

①2018.11.21 1,090pv⇒初めて1000アクセスを超えた日

この日の私の記事の中の稼ぎ頭は、

  1. ロング記事
  2. クリスマスの折り紙記事
  3. ロング記事
    そしてクリスマスの折り紙記事が続きます。

②2018.12.17 2,285pv

この日の私の記事の中の稼ぎ頭は、

1.干支の折紙記事
2.クリスマスの折り紙記事
3.ロング記事
4.お正月の折り紙記事
クリスマスとお正月の折り紙記事が続きます。

③2018.12.27 3,511pv

この日の私の記事の中の稼ぎ頭は、

1.干支の折紙記事(1,321pv)
2.お正月の折り紙記事
3.お正月の折り紙記事

お正月の折り紙記事とロング記事が続きます。

④2019.2.28 3,589pv

この日の私の記事の中の稼ぎ頭は、

1.ロング記事
2.卒業式のクラフト記事
3.卒業の折り紙記事

卒業の手作り記事とひな祭りの折り紙記事が続きます。

⑤2019.4.30 4,726pv

この日の私の記事の中の稼ぎ頭は、

1.平成の出来事記事
2.平成のクイズ記事
3.5月の折り紙記事

平成関係の記事とロング記事が続きます。

去年のクリスマスとお正月に折り紙記事が大当たりしました。

1月は今年の干支の「イノシシの折り紙の折り方」の記事を書いたら、1月いっぱいは、その1記事だけで毎日700~1200pvを稼いだんですよ。

また、今年2019年の2~3月は、卒業関係の折り紙記事が、かなりアクセスを盛り上げてくれました。

折り紙の記事ですが、その季節だけに需要がある折り紙なので、これはミドルレンジキーワードと言えます。

あと、⑤の4月30日の爆発で、その後のアクセスが底上げされていますね。

この⑤は、「平成を振り返る記事」で、それらを数個書いたお蔭で、アクセスを稼ぐ事が出来たのです。

なぜなら、新元号に変わる5月の直前だったからです。

これを見ると確かに、季節のキーワード記事=ミドルレンジキーワード記事による爆発はアクセスを稼いでくれ、その後のアクセスの底上げをしてくれる事が手に取るように分かりますよね\(^o^)/

それに合わせて、ロングキーワードは、ある一定のアクセスを常に稼いで、アクセスの変動を安定させてくれていると言う事も分かります。

ミドルとロングは互いに支え合う、大事なパートナーとも言えますね。

こんな感じで、私の記事の中の数少ないミドルレンジの小爆発によって、月1万5~1万8千円ほど稼げるようになったのです。

ですが、

ミドルレンジキーワードで書いた記事はまだまだ数少なくて、季節記事の王道と呼ばれる「イベント系」の記事がほとんど無い状態なんです。

この季節記事の王道「イベント系」の記事を一年を通して、もっともっと投入することで、もっともっとアクセスを呼ぶことが出来、結果、もっともっと稼ぐ事が出来るってわけ!

もちろん、私も当時からそれを知ってたし、マニュアルにも、最初はミドルレンジキーワードで記事をたくさん書いて、アクセスに勢いをつけましょうと書いてありましたよ。

だから、私も書くには書いたのですが、まったくアクセスが来ませんでした・・・

「ひな祭り」とか「クリスマス」とか「お正月」とかの記事をね、結構ボリューム満天で書いてたんですよ。

でも、そんなに力を入れて書いたにもかかわらず、まったくアクセスが無かったものだから、

「私にはイベント系はムリ!」

と、諦めてしまったのです。

みなさん、「イベント系は稼げるよね~!」とそこここでつぶやいているけれど、私はさっぱりでした。

今考えれば、原因は明白なんですが。

それは、大きいキーワードで書いてしまってたからなんです。

しかし、FAAPの中には、そんなイベント記事でアクセスを集められる方法が書いてあるんです。

そして、それを読んだら、これならイケる!と思えました。

それはね・・・・

ライバルがほぼいない穴場キーワードを見つける方法が、たっっっっっくさん書いてあったからなんです\(^o^)/

もし、ライバルがいない穴場キーワードをメインキーワードにしてタイトルに盛り込んでいったら、ウハウハ100%ですよ・・・

そんな教材に、やっと出会えて本当に幸せです。

誰も教えてくれなかった「ライバルがいない穴場キーワードの探し方」をFAAPで知ったからには、そのやり方でキーワードを見つけまくって、ガンガン季節のイベントネタを投稿してやる!と心に誓いました。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
応援してくれたら喜んで踊り狂います~♪
プロフィール

アドセンス実践アラフィフ主婦
詳しいプロフィール

最近の投稿
カテゴリー
Twitterやってます(^^)