キーワード選択において抑えておきたい2つの事

 

今回の【重要】キーワードの選定の楽ちん講座2は、

 

 

キーワード選択において
~~~~~~~~~~~
抑えておきたい2つの事
~~~~~~~~~~~

 

をお伝えしていきたいと思います。

 

間違ったキーワード選定が分かった所で、次に気になるのは、「正しいキーワード選定」ですよね!?

 

【重要】キーワード選定の楽ちん講座1「間違ったキーワード選定」

【重要】キーワードの選定の楽ちん講座3「キーワードを瞬時に見つける訓練~この3つを習慣化しよう!」

 「なおこが日常で見聞きして検索したこと「142個のキーワード!」」

【重要】キーワードの選定の楽ちん講座4「おすすめの記事ジャンルはこの5つ!」

【重要】キーワードの選定の楽ちん講座5「グーグルが好むブログの傾向とあなたが作るべきブログ」

【重要】キーワードの選定の楽ちん講座6 「弱いライバルサイトを判断する基準は?」

 

その正しいキーワードを選ぶポイントは、基本的に2つあるんです。

 

そんな2つのポイントを分かりやすい例も交えて一緒に見ていきましょう^^

 

【重要】キーワードの選定の楽ちん講座2 キーワード選択において抑えておきたい2つの事

 

1. 儲けに直結しないジャンルを選ぶ

 

 

1つ目のポイントは、「儲けに直結しないジャンル」を選びましょうということです。

 

 

まずは、「儲けに直結する」ジャンルには、どういうものがあるのか、見ていきましょう。

 

 

儲けに直結するジャンル

 

・深い悩み系
・強い欲求系

 

例えば、

 

「セルライト 除去」
「サプリメント 美肌」
「投資 初心者」
「転職 女性」

 

もう、こういう検索をする人は、

 

「どうしてもその悩みを解決したい!」

「それが手に入るならいくらでもお金を払う!」

 

というくらい、悩みだったり、願望が強いので、そういう人たちに向けた情報は、とても儲かります。

 

「良いものがあれば、すぐにでも買いたいです。」

「私のこの悩みを解決できるものなら高くても買います。」

 

という人たちばかりなんです。

 

という事は、こういうジャンルには、企業だったり、ガチのアフィリエイターが本気で戦っているわけです。

 

 

もうお分かりだと思いますが、そういうジャンルにアドセンスは向かない、という事です。

 

もっとも、あなたがその道の専門家で、誰よりもその情報に詳しいという自信があれば、まだ戦う余地がありますが、どう考えたって、個人のブログごときが敵うハズがありません。

 

なので、こういうジャンルは避けるべきなのです。

 

では、アドセンスブログでは、どういうジャンルを選べばいいのか?

 

まさに上とは逆に、儲けに直結しないジャンルを選べばいいのです。

 

 

儲けに直結しないジャンル

 

・知識系

 

例えば、

 

「おせち 歴史」
「窓の結露対策」
「花火大会 穴場」

「そう言えば、おせちっていつから日本にあるの?」

 

という素朴な疑問に対しての答えと説明が知りたいなど、特に差し迫った悩みではないけど、知識として知りたい人。

 

花火大会をより楽しみたいから、あらかじめ良い場所を知りたい人。

 

このように「知識」として知ることが出来たら、それで十分なわけですね。

 

それを知るのに「お金を払う」必要が無い。

 

つまり、物を買ったり、サービスを買う必要が無いのです。

 

ではなぜ、そういう儲けには関係ないジャンルを記事にすべきなのか?

 

それは、上にも書いたように「儲けに直結するジャンル」のように強敵なライバルがいないからなんです。

 

そんなお金にもならないジャンルに企業や強いアフィリエイターが参入するわけないですもんね(笑)

 

 

まとめると、

 

キーワードを選ぶ時、まずは、このキーワードは「儲けに直結する」ような検索する人が、何が何でも解決したいために検索するキーワードなのか?

 

それとも、

 

これって、どうなんだっけ?くらいの気軽な気持ちで検索する「儲けに直結しない」キーワードなのか?

 

を見極め、

 

「儲けに直結しないジャンル」を選んで記事を書くことが重要だという事です。

 

では、キーワード選択において抑えておきたい2つ目のことに移ります。

 

 

2. ライバルに勝てそうなキーワードを選ぶ

 

検索上位表示者をリサーチして勝つ

 

検索上位表示者というのは、狙ったキーワードのグーグル検索上位サイトの事で、そのキーワードの1ページ目にある10サイトを指します。

 

俗に言う「ライバル」です。

 

そのライバルの次の2点をしっかりと調べます。

 

・ライバルサイトに勝てそうか?
・なぜそう思ったか?

 

この2つを具体的な根拠を持って明確にしなければ、記事を書いてはいけません。

 

では、狙ったキーワードで勝てそうだと思える根拠が明確になるのは、ライバルリサーチをして、このような結果が出てきた時です。

 

・1ページ目に無料ブログがある
・狙ったキーワードがタイトルの中に入っていない
・1ページ目にQ&Aサイトがある
・1ページ目が企業サイトがほとんどない
・ライバルの記事内容が薄い
・ライバルサイトが弱い(運営年数、被リンク数、文字数など)

 

などです。

 

 

YMYLのジャンルでもこれなら勝てる

 

以前のメルマガでYMYLの説明をしていますので、興味のある方はどうぞ↓

https://adbigmoney.com/zuiji2

 

 

健康系ジャンル

 

ではまず、YMYLの健康に関するキーワードを見ていきましょう。

 

例)

・癌 ステージ
・癌 ブログ 永眠(1000~1万 アメブロ有り)
・癌封じパワーストーン(100~1000 無料ブログ有り)

 

 

健康系ジャンルは、YMYLに含まれる可能性大ですので、上の「癌 ステージ」などというキーワードは当然、専門家が書くべき分野なので、一般人の私達が書いても上位表示はまず出来ません。

 

 

しかし、2番目の「癌 ブログ 永眠」は、月間検索ボリュームが1000~1万にも関わらず、検索1位が、無料ブログのamebloです。

 

 

そして、その他の検索上位サイトも、すべて個人ブログです。

 

 

このキーワードで調べてくる検索ユーザーというのは、個人的な経験だったり、思い、見解が知りたいという意図を持って調べるんですね。

 

 

という事は、なにか絶対的な「答え」を知りたいわけではなく、他の人の考え方や経験を参考にしたいという人が検索するキーワードなんです。

 

 

つまり、決して専門家に聞きたいわけではなく、他の人はどうなのか?が知りたいのですから、「癌 ブログ 永眠」は一般の人の経験を知りたい時に検索するキーワードと考えられます。

 

 

3番目の「癌封じパワーストーン」も同じことが言えますね。

 

 

なので、一口に「癌」と言っても、その後の2語目、3語目にどんな言葉が来るかによって、読者さんが、

 

・何を知りたいのか?
・どんな人に聞きたいのか?

 

が全く違うということです。

 

 

要するに、こういう類の複合キーワードなら、あなたも狙えるチャンスはあるというわけです。

 

 

お金・財産系ジャンル

 

次は、YMYLのお金に関するキーワードを見ていきましょう。

 

例)

・看護師 転職

 

 

こういうったものは、アドセンスブログの記事としては書いても絶対に上位表示はされません。

 

 

これは専門サイトが取り扱うべきものなのです。

 

 

一般の人が間違った情報を提供する事によって、読者さんの社会生活に大きな影響を及ぼす恐れがあるので、グーグルは一般人のサイトを評価しません。

 

 

まとめると、YMYLジャンルと言っても、2語目、3語目に来るキーワードによって、

 

・どんな読者が
・どんな意図を持って
・どういう人に聞きたいのか

 

がまったく違うので、

 

「このキーワードは専門家が書くべき記事なのか?」

「このキーワードなら一般人の自分が書いても良い記事なのか?」

 

を見極めて、YMYLのジャンルでも勝てる記事を書きましょう。

 

 

以上が、「キーワード選択において抑えておきたい2つの事」でした。

 

 

総まとめ

1. 儲けに直結しないジャンルを選ぶ

 

■儲けに直結するジャンル

・深い悩み系
・強い欲求系

 

例えば、

「セルライト 除去」
「サプリメント 美肌」
「投資 初心者」
「転職 女性」

 

■儲けに直結しないジャンル

・知識系

 

例えば、

「おせち 歴史」
「サプリメント 美肌」
「窓の結露対策」
「花火大会 穴場」

 

2. ライバルに勝てそうなキーワードを選ぶ

 

■検索上位表示者をリサーチして勝つ

 

■YMYLのジャンルでも複合キーワードによっては勝てる

・どんな読者さんが
・どんな意図で検索し
・どんな人に聞きたいか

 

を考えて、勝てそうなら記事を書く

 

【初心者向け】アドセンスブログとメルマガの情報をお届けしています↓

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
応援してくれたら喜んで踊り狂います~♪
プロフィール

アドセンス実践アラフィフ主婦
詳しいプロフィール

カテゴリー
最近の投稿